交流大会 開催種目

ふれあいスポーツ交流⼤会
グラウンド・ゴルフ

グラウンド・ゴルフは、昭和57年に鳥取県で考案され、広場や公園、学校など、地域のグラウンドでも気軽にできるスポーツをイメージし、その名が付けられました。
専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用し、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数の少なさを競うゲームですが、場所によって、距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なためどこでも、誰でも手軽に楽しむことができます。

開催地紹介

久万高原町

久万高原町は、愛媛県のほぼ中央に位置し、標高1,000mを超える四国山地に囲まれた中山間地域で、町域の9割が林野であり、基幹産業である農林業が盛んな町です。
また、西日本最高峰の「石鎚山」をはじめ、その南麓に広がる四国最大級の渓谷「面河渓」、日本三大カルストの一つ「四国カルスト」などダイナミックな風景や、春の花、冷涼な夏、秋の紅葉、冬は積雪など四季折々の自然が楽しめます。

関連サイトリンク

その他の開催競技種目